Programming Festival 2020

pf2020_cover

Programming Festival 2020

あなたの作品は全国の学校で使われるかもしれません!

NEWS

Programming Festival 2020 が、未来の学びコンソーシアム(文部科学省・総務省・経済産業省連携)の後援イベントとなりました → イベント詳細 の紹介ページはこちらから

Programming Festivalはプログラミング技術を競う大会ではありません。プログラミングを通して、教育現場の課題を子どもたちと先生と一緒に解決していく大会です。大会を通して、子どもたちはプログラミングへの勉強意欲を刺激され、プログラミング学びの目標を立てることができます。

また、学校で習った知識をゲームやアニメーションをつくることによってより理解を深め、主体的に深い学びにつながります。さらに、すべての作品は、全国の先生が自由に使えることによって、学ぶ側(生徒)の視点と発送から先生の授業作りの改善に役立ちます。

子どもたちと先生の教え合う、学び合う新しい空間を創ることがわれわれの願いです。

 

応募要項

教科部門

Programming Festival開設当初から設定してきた課題指定は、今年度「英語」に取り組んでいただきます。楽しく勉強できる未発表のオリジナルアニメーションまたはゲームを創ってください。
教科書にある内容なら、現在の学年以外の内容を選んで作ってもかまいません。
(例)
小学校4年生が小学校2年生の教科内容を選んで制作
中学生が小学生の教科内容を選んで制作
など

評価基準

アイデア、面白さ、シンプルさ、プレゼン

その他

一次審査は大会委員が全応募作品から約20作品を選出します。最終審査は小中学校の先生により10作品が入賞作品に選ばれます。

入賞作品の作者を授賞式へ招待。さらに当日発表で上位3名がフェスト大賞、アイデア賞、デザイン賞を贈られます。

社会課題解決部門

今年度より、探究学習プログラム「サス学」(サステナブル学)の小中高生への普及に取り組む協賛企業から特別賞が贈られる、社会課題解決部門を新設します。
SDGsの掲げる17の目標のうち1つ(複数でも可)を選び、具体的な課題とその解決案となるプログラムを創作してください。
(例)
目標12:つくる責任つかう責任 課題:食品ロス問題
目標14:海の豊かさを守ろう 課題:マイクロプラスチック問題
など

評価基準

課題解決のアイデア、作品の完成度

その他

優れた作品は協賛企業からSDGs 特別賞を贈られます。

*SDGsについてはユニセフ等の案内サイトを参照してください。


応募資格

小中高生なら誰も参加できます

参加費

無料

応募期間・締切

2020年10月15日(木曜日)まで

応募方法

Scratchで制作した作品ファイルをご用意ください。
作品ファイルの最大サイズは5メガバイト(5MB)となります。
今年度からプレゼン動画が必須となります。プレゼン動画は1分以上2分以内、MP4形式(Android等)またはMOV形式(iPhone、iPad等)でご用意ください。
プレゼン動画で作品を実演し、制作内容を選んだ理由、作品の狙い、特徴、操作方法などをアピールしてください。
専用応募フォームからご応募ください。

指定ソフト

Scratch 3.0
Scratch は無料でダウンロードし利用可能です

Scratch 3.0 Download

大会概要

開催のお知らせ ダウンロード(PDF)

告知チラシ

各教室で子どもたちに配るためのチラシとして、または教室内での告知用などにご利用ください。

告知チラシ ダウンロード(PDF)

重要事項(必ずご確認ください)

  • 応募作品はオリジナル作品でなければなりません。
  • 教科書の内容と無関係な作品は失格となります。
  • 教科書の内容を、そのまま写真や動画として撮影し使ってはいけません。使用した場合失格となります。
  • 作品に使われる素材はScratchに付属されている素材またはオリジナルのものでなければなりません。
  • 画像素材の例外として指定のサイトの画像に限り使用可能とします。(Q&Aを確認してください)
  • 音楽・効果音素材の例外として指定のサイトの音楽・効果音に限り使用可能とします。(Q&Aを確認してください)
  • 使用する場合は利用規約を確認のうえ使用してください。
  • 無断で他人の素材を使った場合、著作権違反で失格となります。
  • 特定の人物が写っている写真を使ってはいけません。使用した場合失格となります。
  • 作品に不適切な言葉や内容が含まれている場合失格となります。
  • 応募された作品はすべてインターネット上に公開いたします。(入賞作品以外の作者名は非公開)
  • 応募された作品はほかの方に自由にダウンロード、編集、改造できることを許可します。
  • プレゼン動画の画質の優劣(4K画質かどうか)やプレゼン動画の長さ(2分を超えて説明する)などは評価基準に一切関わりません。
  • プレゼン動画の冒頭には、必ず【お名前】と【作品名】を録画してください。(作品審査と動画管理の観点から必ずお願いいたします)
  • ご応募の動画ファイルはYoutubeの大会専用チャンネルに公開されます。応募した時点で動画の公開を許可することになります。あらかじめご了承のうえご応募ください。

Q&A

1人で、教科部門と課題解決部門の両方への応募は可能でしょうか?
はい、大丈夫です。お1人で両部門とも応募することができます。
また、お1人で同じ部門に、複数の作品を応募することもできます。
ペアなど2人以上で1つの作品への応募は可能でしょうか?
はい、2名以上1つの作品を制作し、応募することもできます。
応募するときは、代表者のお名前のみ記入してください。
2人以上で制作した作品が入賞した場合は、原則代表者1名のみ授賞式への招待対象となります。
また、賞品は1点となります。あらかじめご了承ください。
ただし、グループ全員に賞状を用意することは可能です。
外部画像を使ってもいいですか?
著作権の関係で、原則オリジナルの画像が望ましいです。
例外として、「いらすとや」内で配布されている画像に限り、使用可能とします。
使用する場合は利用規約を確認のうえ使用してください。
※ いらすとや https://www.irasutoya.com/
外部音楽や効果音を使ってもいいですか?
著作権の関係で、原則オリジナルの音楽や効果音が望ましいです。
例外として、「甘茶の音楽工房」と「効果音ラボ」内で配布されている音楽・効果音に限り、使用可能とします。
使用する場合は利用規約を確認のうえ使用してください。
※ 甘茶の音楽工房 https://amachamusic.chagasi.com/
※ 効果音ラボ https://soundeffect-lab.info/
動画撮影は、iPhoneなどのスマホでの撮影でも問題ないでしょうか?
はい、大丈夫です。iPhone、iPadを使ってそのまま作品画面を撮影しても大丈夫です。
画面から作品の動きなど確認できれば問題はありません。
プレゼン動画の画質が悪い場合、審査に影響がありますか?
いいえ。プレゼン動画の画質が悪くても、作品の動きが確認できれば問題はありません。
プレゼン内容と作品内容が審査対象となります。
応募用の動画撮影ですが、顔は映っていなくても大丈夫でしょうか?
はい、応募者の顔が映っていなくても問題ありません。
アバターが文字を表示してプレゼンしてもよろしいでしょうか?
(応募者本人が音声で説明するのではなく)アバターを使用した文字によるプレゼンで問題ありません。しかし、アバターの作成自体は審査対象にはなりません。あくまでも、作品内容とプレゼン内容が選考されます。
YouTubeの大会専用チャンネルに公開されるようですが、入賞作品のみでしょうか?
一次審査を通貨した作品のみ、YouTubeのProgramming Festival大会専用チャンネルに公開いたします。
※ YouTube Programming Festival大会専用チャンネル

応募する

作品の応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

一次審査結果発表

教科部門「英語」へのノミネート作品は以下の19作です。
ノミネート作品順は応募順となっています。
社会課題解決部門「SDGs」は、最終審査のみとなっております。


夏休みの宿題が終わらない!~英語で数字を書く~
アルファベット射撃
探す!検索!猫の英語翻訳機!
英語文法マスター
CLAP ENGLISH
ひょっこりアルファベット
うさぎと小文字を勉強しよう
英語当てクイズ
浦島太郎 英語ver
果物の木
文化を知って世界を知ろうクイズ!
英単語スペルチェックゲーム
English Quesuto
英文法完璧マスターくん
小文字はこれで合っている?
キミだけの和英辞典
三択クイズ!_中学英語3年間の復習_
過去形ゲームショー
猛烈英語タイピングバトル!

審査公平のため、ノミネート作品の作者情報と参加教室は非公開となります。

入賞発表

教科部門『英語』の10作品、
社会課題解決部門『SDGs』の5作品が入賞となります。
入賞おめでとうございます。

教科部門

【入賞】

アルファベット射撃(佐々 響一・大阪府)
英語文法マスター(高田 夢々・宮城県)
CLAP ENGLISH(川口 聡介・愛知県)
浦島太郎 英語ver(矢田谷 皐希・栃木県)
文化を知って世界を知ろうクイズ!(直川 芙玖子・大阪府)
英単語スペルチェックゲーム(和田 蒼生・大阪府)
小文字はこれで合っている?(久保田 景友・奈良県)
キミだけの和英辞典(宮野 晴・奈良県)
過去形ゲームショー(瀧内 亮・大阪府)
猛烈英語タイピングバトル!(田中 太朗・東京都)

審査コメント

今年コロナ禍の中、プログラミング作品を応募してくれたみなさん、本当にありがとうございました。
そして、見事に入賞した10名の方、おめでとうございます。
英語部門では、素晴らしいアイデアの作品や、驚くほどの力作が数多くありました。
英語の発音、単語、文法から、タイピング、英語物語まで。
今年も本当に楽しく審査させていただきました。
プログラミングはツールであり、この素晴らしい技術を身に着けて
楽しい面白いゲームやアプリをぜひこれからも作り出してください。
今回入賞できなかった多くの作品もとてもいい作品ばかりです。
もっと作品を改善し、技術を磨いて、来年もまた再チャレンジしてください。

【大賞】

※大賞・デザイン賞・アイデア賞の発表は授賞式当日となります。

社会課題解決部門

【入賞】

南の島のでんちのなる木(横田 夏向・埼玉県)
地球を守ろう(山澤 知希・静岡県)
マークみっけ!for SDGs(川口 明莉・愛知県)
海を守ろう!(野上 航弥・奈良県)
プラスティックゴミ回収&リサイクルロボット(古山 芽吹・岐阜県)

審査コメント

今回から新設された「社会課題解決部門」に応募していただいた皆さん、ありがとうございました。
SDGsの掲げる17の目標のとらえ方、その解決策となるアイディアの表現のし方には、皆さんそれぞれの解釈と工夫が見られ、審査員一同、驚きや発見の連続でした。
おとなでも難しい課題にチャレンジしていただいた、皆さんの意欲に敬意を表したいと思います。
SDGsの目標達成までの期限はあと10年。10年後の「地球」を皆さんが創っていく、という意識を、このプログラミングフェスティバルを通じて持ってもらえたら嬉しいです。
来年もたくさんの応募をお待ちしています。

【SDGs 特別賞】

※SDGs 特別賞賞の発表は授賞式当日となります。

授賞式のお知らせ(時間と場所)

時間:2020年12月20日(日) 13時30分~15時30分
場所:全国どこでも、Zoomオンライン開催

オンライン授賞式の参加について

インターネットに接続した、マイクとウェブカメラ付きのパソコンを準備してください。
当日作品の実演がありますので、パソコンからアクセスしてください。
ローカルScratchを使う場合、事前にScratchをインストールしてください。
各自の作品を自分のパソコンで操作できるかどうかを必ず確認してください。
授賞式当日のZoomアクセス方法は、授賞式の3日前にご登録されているメールアドレスに連絡いたします。

授賞式

Photos & Video

協力学校・協力教室

協力学校・協力教室とは、本大会の主旨にご賛同いただき、
積極的に生徒を本大会にご参加いただけるようご協力いただける学校またはプログラミング教室のことです。
協力可能な学校様または教室様はぜひお問い合わせください。

主催

Programming Festival 実行委員会

実行委員会メンバー
会長 中山 涼一
(一般社団法人センセイワーク 代表理事)
副会長 塩沢 茂樹
(日本次世代教育総合研究所 代表)
副会長 進藤 整是
(株式会社キャスト・ワークス 代表取締役)
委員 堀 洋一
(株式会社ジェイシー教育研究所 企画営業部長)
委員 西尾 茂和
(一般社団法人日本こどもプログラミング協会 理事)
委員 平野 貴美枝
(NPO法人ハテナソン共創ラボ 理事)
委員 住ノ江 修
(一般社団法人センセイワーク 理事)
委員 沼田 和也
(同志社中学校 教頭)
委員 二田 貴広
(奈良女子大学附属中等教育学校 教諭)
委員 藤原 晴佳
(つくば市立春日学園義務教育学校 教諭)
委員 吉永 順一
(株式会社キャスト・ワークス 取締役)
協賛
一般社団法人センセイワーク
日本次世代教育総合研究所
株式会社ジェイシー教育研究所
株式会社キャスト・ワークス
Coder Dojo @Daito
こども向けプログラミング&造形絵画教室colors-academy
キープオンラボ
株式会社伴走社
協賛教室募集
協賛教室募集
協賛記念クリスタルトロフィー(サンプル)
協賛記念クリスタルトロフィー サンプル
後援
大阪府教育委員会
未来の学びコンソーシアム

作品の無料ダウンロードができます!

全58作品をダウンロードできます。
自由に改造しても大丈夫です。
作品に関する質問は一切お答えできません。ご了承ください。

ご参加いただける教室・学校を募集中!

以下のフォームからぜひご登録ください。開催要項が決まり次第連絡させていただきます。

    800
    プライバシーポリシー

    Programming Festival 実行委員会(以下当委員会)は、個人情報の保護に関する法令等を遵守するとともに、社会的責務であると考え、以下にプライバシーポリシーを定め、全ての実行委員に周知し、徹底を図ることにより、個人情報の適正な取り扱いに努めてまいります。

    1.法令の遵守

    当委員会は、個人情報を取り扱うにあたり、個人情報の保護に関する法律および関係する法令やガイドライン等を遵守します。

    2.個人情報の収集

    当委員会は、個人情報をご提供いただく場合、個人情報の利用目的の公表またはご本人への通知により、その利用目的を明らかにいたします。ご提供いただいた個人情報の利用目的を変更する場合は、変更後の利用目的を公表、またはご本人へ通知いたします。

    3.個人情報の管理・保護

    当委員会は、個人情報の紛失、破壊、改竄、漏洩等を防止するため、適正な情報セキュリティ対策を講じます。

    4.個人情報の利用

    当委員会は、取得する際にお知らせした利用目的の合理的な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはいたしません。

    5.個人情報の第三者への提供

    当委員会は、法令に定めがある場合を除き、ご本人の同意を得ないで、業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。利用者の同意なしに情報を開示することがあるのは以下の場合です。

  • プロバイダー責任制限法(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)に基づく請求があった場合
  • 検察、警察、監督官庁などから強制力のもとで適法に要求された場合および、法的強制力のない任意の嘱託、照会の場合であっても、嘱託・照会に協力する必要があり、ご本人の同意を得ることが嘱託・照会の目的に支障を及ぼすと判断した場合
  • 当委員会の業務委託先等に対して、委託業務等の遂行に必要な最低限の個人情報を提供する場合。ただし、業務委託先は当該情報を委託業務遂行の目的以外には利用できない
  • 当委員会のサービスに関して当委員会が訴訟等の対象となった際に、必要に応じて訴訟資料として裁判所等に提出する場合
  • 利用者またはその他の人の生命、身体及び財産等を保護する必要があり、利用者の同意を得ることが困難であると判断した場合
  • 6.社内体制の整備

    当委員会は、個人情報の適正な取り扱いを目的とした体制の整備および社内の教育の継続的実施に努めてまいります。

    7.クッキー情報のオプトアウト

    当委員会が運営する各サイトにアクセスしたときに、利用者のコンピューターに「クッキー」と呼ばれるファイルが送られます。このファイルには利用者が閲覧したページの情報や入力内容が「クッキー情報」として保存され、送受信されることがあります。当委員会は利用者のIPアドレス、クッキー情報、利用者が閲覧したページの情報、端末情報等の情報を利用者のブラウザもしくはアプリから自動的に受け取りサーバに記録します。当委員会は利用者の嗜好などにあわせて当委員会のサイト上の情報などをカスタマイズする等、当委員会サイトを便利に使っていただくためにクッキーやその他の情報を利用することがあります。ブラウザーやアプリの設定によって、クッキーの受け取りや、その他の情報の送信を拒否することも可能ですが、その場合、サービスが正常に動作しないことがあります。
    当委員会が運営する各サイトは、Googleアナリティクス・Yahoo!アナリティクスの技術を利用したクッキーデータの取得を行っております。当サービスで利用するクッキーはコンテンツの最適化や広告のターゲティング配信、広告効果の分析のみに使用し、その他の目的や個人情報の収集には一切使用致しません。このクッキーを無効にしたい場合は、Googleアナリティクスオプトアウトアドオンページ・Yahoo!行動ターゲティング広告の無効化ページにて手順に従い、無効化してください。

  • Google アナリティクス オプトアウト アドオン
  • 行動ターゲティング広告の無効化について
  • 8.リンク先の第三者サイト上での情報オプトアウト

    当委員会が運営する各サイト上の第三者へのリンク等をクリックして他サイトへアクセスした場合、リンク先のウェブサーバからクッキーが利用者のコンピューターに送られることがあります。これらのクッキー利用は各リンク先のポリシーに従っているため、当委員会では責任を負うことはできません。また、第三者のリンク先や広告主のサイトで行われている個人情報の提供や収集等の扱いに関しても当委員会は責任を負うことができません。各リンク先のポリシーにつきましてはそれぞれのホームページ上でご確認ください。

    9.当委員会のインターネット広告配信おけるオプトアウト

    当委員会ではコンテンツや広告の一部の配信を下記企業に委託する場合があります。ページを訪問した際には、配信企業が取得したクッキー情報をもとに行動ターゲティング広告やコンテンツレコメンデーションリンクが配信される場合があります。配信企業が取得したクッキー情報は、当委員会に提供・開示されることなく、配信企業が定めるプライバシーポリシーの考え方に従って管理されます。詳細については配信各社のサイトをご覧ください。なお、サービスを無効にしたい場合は、各社のオプトアウトページにアクセスし、手順に従ってサービスを無効とするためのブラウザやアプリの設定をお願いいたします。

  • グーグル合同会社
  • Facebook Japan
  • ヤフー株式会社
  • 10.リンク先の第三者サイト上での情報オプトアウト

    当委員会は、Googleアナリティクスをディスプレイ広告に対応させて、ユーザー属性とインタレストカテゴリーに関するGoogleアナリティクスレポート機能を利用しています。Googleアナリティクスによるディスプレイ広告のトラッキングを無効化する場合は下記ページを参照してください。
    http://www.google.com/settings/ads
    また、Googleの上記データをコンテンツ制作やサービス向上のために利用しています。

    11.個人情報の開示・訂正・お問い合わせ等

    個人情報につき開示、訂正等の請求があった場合は、その請求がご本人またはその代理人によるものであることを確認した上で、必要かつ合理的な範囲で対応いたします。
    お問い合わせがあるときは、窓口までご連絡ください。


    2018年9月24日改訂


    個人情報に関するお問い合わせ先

    Programming Festival 実行委員会
    Mail: info@Programming Festival 実行委員会(受付はメールのみの対応とさせていただきます)